金魚のふるさと大和郡山、泳ぐ図鑑「郡山金魚資料館」へ行ってきました

投稿日:2019年6月14日 更新日:

金魚資料館

大和郡山市にある郡山金魚資料館に行ってきました。

大和郡山は金魚の養殖で有名な町、金魚のふるさとと呼ばれる地域です。

金魚資料館では、沢山の金魚が実際に飼育されています。

金魚好きな人や小さな子供さんには、楽しい場所だと思いますのでご紹介いたします。

金魚資料館の駐車場

金魚資料館はあじさいで有名な矢田寺の近くにあります。郡山城跡からも近いです。

この日も嫁さんと二人で矢田寺であじさいを見た帰りに立ち寄りました。

↓矢田寺のあじさいを紹介した記事はこちら

資料館へは、大通り(県道9号奈良大和郡山斑鳩線)から脇道へ入って行きます。田んぼの間を縫う道幅の狭い道路を通っていくと駐車場へ到着。

細い道があるので、ノアやセレナクラスなら大丈夫ですがアルファードやエルグランドクラスだとちょっとしんどいかも。

駐車場はこんな感じ。博物館はここから徒歩2分です。

金魚資料館駐車場

周りはのどかな田園風景?

と思ったら田んぼではありませんでした。

金魚の養殖池

金魚を育てている養殖池でした。道中の左右にあったのも全部金魚の養殖場だったのか・・・てっきり田んぼだと思いながら通ってきましたよ。

嫁さんの素朴な疑問

ヨメさん
大雨が降って、池があふれたら金魚はどうなるの?

たしかに疑問です。逃げ出すのかな?隣の池と混ざったりしないのかな?どうなるんでしょうか?

金魚のふるさとならではの自動販売機

駐車場から金魚資料館へと、てくてく歩く途中で面白いものを発見しました。

金魚のふるさと郡山ならではのものです。

朝採りで新鮮な~、

金魚の自動販売機です!

金魚の自動販売機

おひとつどうですか(ペットは責任をもって飼いましょう)。
「金魚以外の場合有り」という貼り紙がすごく気になるんですが・・・

金魚の自動販売機

郡山金魚資料館

金魚資料館のある(有)やまと錦魚園さんに到着。

駐車場からはかなり遠く見えたんですが、歩いたらやっぱり2分ほどでした。

金魚資料館を運営されているやまと錦魚園さんは金魚の養殖、卸売・小売を営む会社です。

やまと錦魚園

場所情報

金魚資料館の場所はこちら

金魚のふるさと郡山金魚資料館
住所:奈良県大和郡山市新木町107
TEL:0743-52-3418
ホームページ:https://www.kingyoen.com/

営業時間、入場料

金魚資料館の営業時間は9:00~17:00、定休日は月曜日です。雨が降っているときや風が強いときもお休みのようです。

入場料は無料です。

金魚資料館

泳ぐ図鑑

郡山金魚資料館は泳ぐ図鑑とのこと。

目の前で飼育されている姿や泳いでいる沢山の種類の金魚を見ることができるからでしょうね。

金魚資料館

実際に養殖されている作業場があります。あたりまえですが、金魚がいっぱい泳いでいます。

金魚資料館

高級金魚飼育池

高級金魚飼育池という看板。
興味がそそられますね。ちょっと覗いてみましょうか。

金魚資料館

パール(深見)は1匹2,000円!高いですね~。

金魚資料館

大阪ランチュウ、こちらは1匹2,500円!

こっちの大阪ランチュウは5,000円!!紅白だから高いんでしょうか?
かなり無造作に置かれてるんですが盗られたりしないのかな、大丈夫ですか~

梶山オランダ、8,000円!!!ひぇ~
姿が見えません。これがほんとの、オランダ・・・

館内では走り回ったり、池をのぞき込んだりしないようにご注意ください。

金魚資料館

金魚の館

こちらは金魚の館。何があるんでしょうか。

金魚資料館、金魚の館

金魚にまつわる貴重な資料が展示されています。

金魚資料館

色んな種類の金魚たち。

金魚資料館

博物館の創設者さんの銅像かなと思ったら、「金魚の父 松井佳一先生之像」とありました。

金魚資料館、金魚の父 松井佳一先生之像

松井佳一氏(まついよしいち、1891-1976)は、山口生まれの水産学者、魚類遺伝学者だそうです。京都大学理学部講師、近畿大学農学部教授、そして近畿大学に水産学科を新設された立派な方のようです。

大和郡山と金魚

金魚資料館の紹介とあわせて、ちょびっとだけミニ知識です。大和郡山と金魚の歴史、そして金魚のセリが体験できる施設の紹介です。

大和郡山での金魚の歴史

大和郡山での金魚の歴史はかなり古く、享保9年(1724年)までさかのぼることが出来るそうです。

江戸時代には下級武士や藩士の内職・副業として盛んに行われていたとのこと。

もともと、水質の良い溜池が数多くあり、溜池に発生したミジンコが金魚の養殖に適していたという地理的な背景もあったようです。

郡山金魚卸売センター

大和郡山市には郡山金魚卸売センターがあります。毎週ではないようですが水曜日の13:00より金魚のセリが行われています。

セリは見学可能で、参加費を払えば参加することもできます。釣り堀もあるようですよ。

協同組合 郡山金魚卸売センター
住所:大和郡山市本庄町250
TEL:0743-56-2300

まとめ

わたしも金魚は何度か飼ったことがあるんですが、自発的にではありません。

子供が縁日の金魚すくいでとってきたのを仕方なく・・・

そんな、金魚好きでもないわたしにとって金魚資料館はちょっと昭和レトロな雰囲気が漂うB級チックな施設でした。

金魚にまったく興味がない人には、正直ビミョーな博物館かも。

でも、金魚が好きな人にはたまらない施設だと思います。

わが家の前を歩いていたお父さんは、家族に向かってアツく金魚について語りながら歩いていましたし。

金魚好きならぜひどうぞ~。

↓少しだけ足を延ばして明日香村観光はどうですか?懐かしい里山の風景に癒やされますよ。

こちらの記事もおすすめです!

オートキャンプ場とまろっと

2019/6/18

大自然&高規格!オートキャンプ場とまろっとはこんな人におすすめ

この記事はこんな人におすすめ とまろっとキャンプ場がどんなことろか知りたい 高知県でキャンプがしたい 遠方から四万十市周辺の観光に行きたい 長期滞在できるキャンプ場を探している ゴールデンウィークの長期休暇を利用して、高知県にキャンプ旅行に行ってきました。 宿泊したのは四万十市にあるオートキャンプ場とまろっと。4月28日~30日、3泊4日と長めの滞在です。 とまろっとは海のすぐそばにある自然派のキャンプ場にもかかわらず、高規格でとても快適でした。 行ってみてわかったのですが、市街地からも近く買い出しに便利 ...

ReadMore

2019/4/8

高田千本桜、夜桜ライトアップへ行きました(渋滞、混雑、駐車場など)

奈良県大和高田市に桜を見に行ってきました。 大中公園(おおなかこうえん)の夜桜です。 大中公園の桜は高田千本桜と言われ、地元ではかなり有名なお花見スポット。 ライトアップされた満開の桜がとても見事で、大勢の人でにぎわっていました。 大阪市内から車で行ったのですが、臨時駐車場の場所が分かりにくかったです。 訪問される方の参考に、臨時駐車場の位置と渋滞や混雑度の情報です。 目次1 高田千本桜とは1.1 大中公園(おおなかこうえん)2 渋滞状況2.1 訪問日時2.2 道路状況3 公園内の混雑度3.1 大中公園3 ...

ReadMore

草の上の車

2018/7/19

山奥のキャンプ場で車のバッテリーがあがった話

キャンプ場でちょっとしたハプニングが起きました。車のバッテリーがあがったんです。 帰宅する日の朝方、混みあってきたんで邪魔にならないように自動車を動かそうかなと思ったら・・・エンジンがかかりません。 あせりました。その時、わたしの頭には次の3つの対処法が浮かびました。 プランA:キャンプ場の管理人さんに相談、バッテリーケーブルがあれば借りる。 プランB:ダメなら、場内放送でバッテリーケーブルを持っている人を探してもらう。 プランC:それもダメなら、損保会社に電話してロードサービスを呼ぶ。 結果はプランAで ...

ReadMore

金魚資料館

2019/6/14

金魚のふるさと大和郡山、泳ぐ図鑑「郡山金魚資料館」へ行ってきました

大和郡山市にある郡山金魚資料館に行ってきました。 大和郡山は金魚の養殖で有名な町、金魚のふるさとと呼ばれる地域です。 金魚資料館では、沢山の金魚が実際に飼育されています。 金魚好きな人や小さな子供さんには、楽しい場所だと思いますのでご紹介いたします。 目次1 金魚資料館の駐車場2 金魚のふるさとならではの自動販売機3 郡山金魚資料館3.1 場所情報3.2 営業時間、入場料3.3 泳ぐ図鑑3.4 高級金魚飼育池3.5 金魚の館4 大和郡山と金魚4.1 大和郡山での金魚の歴史4.2 郡山金魚卸売センター5 ま ...

ReadMore

高松塚古墳

2019/5/22

明日香村観光、高松塚周辺地区の駐車場と高松塚古墳の見どころ

天気が良い5月の週末、奈良県明日香村に行ってきました。 大阪市南部のわが家から明日香村へは車で約1時間の距離です。 国営飛鳥歴史公園の高松塚周辺地区を訪れ、嫁さんと2人で歴史散策を楽しみました。 高松塚周辺地区の駐車場と飛鳥歴史公園館、高松塚壁画館、高松塚古墳についてご紹介します。 目次1 国営飛鳥歴史公園の高松塚周辺地区1.1 高松塚周辺地区の駐車場1.2 国営飛鳥歴史公園館1.3 芝生広場1.4 高松塚壁画館1.5 高松塚古墳2 高松塚周辺地区は里山を楽しみながら歴史散策できる場所 国営飛鳥歴史公園の ...

ReadMore

-お出かけ情報
-,

Copyright© オクラビット , 2019 All Rights Reserved.