【検証】100メートル9秒98の桐生選手はどんだけ速いのか

投稿日:2017年9月26日 更新日:

フラッシュ

桐生選手、公式記録で日本人初の100メートル9秒台

2017年9月9日、桐生選手が日本人初の100メートル9秒台となる9秒98を公式に記録しました。

すごい記録なんですが、わたしのような鈍足凡人には正直その速さがピンときません。
テレビで見てもどんだけ速いかイマイチわかりません。

でも、子供との会話でその速さが実感できましたよ。

こんな会話です。

オクラ
「なあ、オリンピック出るような人って、100メートル10秒より早く走れんねんで~」
次女
「えーっ、むっちゃ やばいやん。それって1秒で10メートルやん!」

そっか~、100メートル9秒98って1秒で10メートル進むってことですよね。

秒速10メートルを具体的に考えてみた

具体的に1秒でどんだけ進めるんでしょうか?10メートルのものを基準に考えてみました。

路線バスの全長:約9メートル

都営バス

都営バスや市バスなんかの路線バスは全長おおよそ8~9メートルだそうです。

一番うしろの座席に座ってても、1秒後にはお金払って降りれてます。
(「初速からそんなスピード出るかー」って疑問は却下いたします)

テニスコートの横:ダブルスで約10メートル

テニスコート

シングルスでは横8.23m、ダブルスでは 横10.97mです。

桐生選手がボールボーイだったら、1秒でボール拾ってます。
(「ボールつかむのに時間かかるやろー!」というお声は却下)

横断歩道:広めの3車線で約10メートル

横断歩道

幹線道路なら3車線の横断歩道がだいたい10メートルくらいです。

青になったとたんにもう渡りきってます。
(「加速すごすぎ!」っていうツッコミはもちろん却下です)

速え~、チョーはえ~!

東京オリンピックが楽しみです。

-暮らし
-

Copyright© オクラビット , 2018 All Rights Reserved.