佐田沈下橋へ車で行く場合のナビルート、県道340号線は走行注意

投稿日:2019年5月14日 更新日:

四万十川、佐田沈下橋

ゴールデンウイークに、大阪から高知県四万十市へキャンプ旅行に行きました。

宿泊したのはとまろっとというキャンプ場で、そこを拠点に四万十市周辺を観光しました。

↓四万十市の快適キャンプ場「とまろっと」の紹介記事はこちら。

訪問地のひとつ、佐田沈下橋(さだちんかばし)へ行った際にカーナビとグーグルマップのナビを併用したのですが、途中でそれぞれのナビに違うルートを案内されました。

  • カーナビ→県道340号線で四万十川のすぐ横を走るルート
  • グーグル→国道441号線を走るルート

結果から言うと、グーグルのナビが正解でした。

カーナビの指示した県道340号線はかなり狭い所があり、対向車とすれ違えない場合もあるような道です。佐田沈下橋へは比較的道幅が広くて走りやすい国道441号線で行くのがおすすめです。

市街地から佐田沈下橋への自動車でのルート

佐田沈下橋駐車場を目的地に

佐田沈下橋へのアクセスは、佐田沈下橋駐車場を目的地にすると良いでしょう。

佐田沈下橋駐車場は普通車が30台ほど停められそうな広さでした。

駐車料金は無料です。

ちなみにゴールデンウイーク中の午前10時前ごろに到着したのですが、ほぼ満車状態でした。

佐田沈下橋駐車場

ナビのルートにご注意

四万十市街地から佐田沈下橋へのルート、カーナビによっては県道340号線(川登中村線)を走るように指示される場合があるようです。

わが家のアルパインのカーナビはそうでした。

アルパインでは目的地の佐田沈下橋駐車場が出てこなかったので、カーナビとグーグルマップのナビを併用しながら行きました。

カーナビは県道340号線を走るルートでした。

グーグルマップのナビは国道441号線を走るルートでした。

これは、グーグルが正解なんです。

国道441号線は比較的道幅の広い、走りやすい道でしたよ。

佐田沈下橋へのおすすめのルート

佐田沈下橋へは、とにかく国道441号線経由で行くようにした方がいいでしょう。

わたしが訪れた際は、とまろっと(四万十市街地方面)から佐田沈下橋へ向かうのに、途中まではカーナビの指示通りに進みました。

(上図のグーグルマップのナビルートとは異なります。)

途中の分岐でカーナビは左へ(県道340号線)、グーグルは右へ(国道441号線)を指示しました。

カーナビの言うとおりに左へ進んだのですが、なんか道が走りにくそうな感じがしたのですぐに車を止めました。

そういえば、さっきの分岐のところに小さく「佐田沈下橋(右への矢印)」という看板があった気が・・・

引き返してグーグルさんのナビ通りに右方向へ進みました。

やっぱり小さな看板があり、「佐田沈下橋(右への矢印)」と示しています。

結果的にこの判断で正解でした。

441号線は一時的に四万十川からそれて行くように感じて少し不安になりますが、県道340号線と比較すると格段に走りやすい道で佐田沈下橋駐車場まで行くことが出来ました。

ポイントはここでの分岐だった

カーナビとグーグルマップのナビが左右違った指示をした分岐点です。

左に行くと県道340号線、右へ行くと国道441号線。

右に行くのが正解です。

よく見ると、案内の看板も右へ行くように指示しています(看板が小さい!)。

佐田沈下橋への駄目なルート

佐田沈下橋へ行く場合、県道340号線は避けたほうが無難です。

四万十川沿いを進む県道340号線は、対向車とすれ違えないほど道幅が狭い箇所があります。通らない方が無難です。

実は佐田沈下橋からの帰り道、カーナビの指示通りのルートを走ったんです。県道340号線を走らされました。

340号線は、途中まではきれいに舗装された2車線の広い道です。

ところがいきなり広い道が終わり、「ん?山道に迷い込んだのか~」と思うほどの狭くて走りにくい道になります。

県道ですが酷道です。

何度か対向車があったんですが、道路脇によけたり、むっちゃギリギリだったりで大変。冷や汗をかきました。

道路脇に避けることさえ出来ないような箇所もあるので、タイミングが悪ければどちらかの車がずーっと後退しなければいけないかもしれません。

対向車には他県の大型のバンもありました。わたしと同じく、カーナビに県道340号線のルートを指示されたのかもしれませんねぇ。

四万十市観光協会さんが旅行会社向けに、国道441号線を通るように注意喚起されています。

旅行会社の皆様へ|一般社団法人 四万十市観光協会

まとめ

緑の中を走る車

カーナビは絶対的に快適な道をナビゲーションしてくれるわけではありません。

もちろん逆にグーグルマップのナビが走りにくい道のりを指定する場合もあるでしょう。

知らない場所へ行く場合は、事前の情報収集が大切です。

特に田舎の場合、道路事情が良くないことが多いです。

四万十市街地方面から佐田沈下橋へは、国道441号線経由で行きましょう。

狭い道しかルートがないのなら仕方がないのですが、別に走りやすいルートがあるのならそちらを行くべきです。

要らぬトラブル、余分な時間、そして冷や汗を避けることが出来ますしね。

佐田沈下橋へマイカーで行かれる方はこの情報を参考に、快適なドライブと観光を楽しんでくださいね~。

↓高知県へのキャンプ旅行の記録、たくさん観光して大満足の旅でした。

こちらの記事もおすすめです!

矢田寺

2019/6/9

あじさいの名所、矢田寺に行ってきました~駐車場、見頃、庭園の様子など

6月9日(日)、奈良県大和郡山市にある矢田寺(やたでら)に嫁さんと2人で行ってきました。 矢田寺はあじさいでとても有名な高野山真言宗の寺院です。 25,000平方メートルの広い敷地に約60種、1万株ものあじさいが植えられています。 あじさいは桜のように一斉に咲いて、一瞬で散るわけではありません。6月はじめから7月上旬まで長く開花を楽しめます。 訪れた日もキレイに色づき花開いているあじさいもあれば、まだこれから咲くのであろうあじさいもありました。 駐車場の情報や、あじさい庭園のようすをご紹介します。 目次1 ...

ReadMore

亀八食堂のれん

2018/2/23

亀八食堂:野菜+肉+味噌+うどん=亀山みそ焼うどん→満腹!

三重県亀山市にある亀八食堂へ行ってきた 亀八食堂は、ご当地B級グルメの「亀山みそ焼うどん」で有名なお店です。 でも、亀八食堂に「亀山みそ焼うどん」というメニューはありません。 店内に「当店には亀山みそ焼うどんというメニューはありません」、そう書いている貼り紙がありました。 亀八食堂はあくまで焼肉屋なんです。焼肉を焼いた鉄板でついでにうどんを焼いて食べるだけ、なんです。 確かにメニューに「うどん」はあっても「亀山みそ焼うどん」はありませんね。 注文から「亀山みそ焼うどん」までの流れ 1、お肉を注文 4人家族 ...

ReadMore

緑の中をドライブ

2019/2/18

大阪から一宮と四日市へ、行きは高速・帰りは下道で日帰りドライブ!

愛知・三重方面へ日帰りで行ってきました。 車での旅です。 訪問したのは下記の3ヶ所だけですが、とても楽しいドライブでした。 愛知県一宮市でモーニングを食べる 熱田神宮をお詣り 四日市でトンテキを味わう 行きは名神高速道路を利用し、帰りは名阪国道経由で下道を使いました。 その時の記録です。 目次1 出発~モーニングの聖地一宮へ1.1 行動、ルートの記録1.2 距離・時間・交通費(大阪市内から一宮市)2 一宮~熱田神宮へ2.1 行動、ルートの記録2.2 距離・時間・交通費(一宮市から熱田神宮)3 熱田神宮~四 ...

ReadMore

山の辺の道

2018/11/4

山の辺の道で短時間ハイキングを楽しんできました

ども、アラフィフおやじのオクラです。 朝早めに家を出て、山の辺の道を歩いてきました。 山の辺の道とは奈良県の春日山のふもとから三輪山のふもとまでを歩くハイキングコースです。 古墳時代からあると言われるロマンあふれる古道のひとつで、大和古道と呼ばれています。 現代では奈良盆地の東側の山裾を歩くハイキングコースとして整備され、多くの人に親しまれています。 昼から用事があるので、早朝に自宅を出発し、午前中いっぱいで全ルートではなく天理から長柄まで部分的に歩いてきました。その時の記録です。 目次1 天理駅~天理本 ...

ReadMore

2019/5/12

明日香村へのアクセスと村内での移動方法~自然あふれる里山の風景が魅力

この記事はこんな人におすすめ 奈良県の明日香村・国営飛鳥歴史公園に行ってみたい 明日香村内での移動方法はどのようなものがあるのか知りたい ゴールデンウィーク明けの週末に奈良県明日香村を訪問しました。 国営飛鳥歴史公園の石舞台古墳と高松塚古墳に行き、軽いハイキングを楽しんできました。 明日香村まで、大阪市内南部のわが家からは下道利用で1時間ほど。 初めて訪れたのですが、「すぐ近くにこんな素敵な場所があるなんて、どうして今まで来なかったんだろう」ともったいない気持ちになりました。 日本の原風景とも言える里山の ...

ReadMore

-お出かけ情報
-, , ,

Copyright© オクラビット , 2019 All Rights Reserved.