AFFINGER4でアドセンス申請時のコードを貼るときの注意点

投稿日:2017年11月23日 更新日:

パソコンするゴリラ

わたしはwordpressでブログを書いています。テーマは有料のものを購入しました。アフィンガーって言うテーマです。

先日、以前より興味のあった、googleAdSenceの審査に申し込みしました。

その時、ちょっとした失敗をしましたので報告しておきます。

アドセンスの審査には「サイトをAdSenseにリンク」というコード貼り付け作業が必要

アドセンスの審査に申し込むと、「サイトをAdSenseにリンク」という作業が必要になります。

下記のような指示の手順がパネルで表示され、指定のコードを自分のサイト内にコピペする作業です。

1、下のコードをコピーしてください。

2、http://xxxx.xxx(←自分のサイトアドレス)の<head>タグと</head>タグの間に貼り付けて下さい。

3、完了したらチェックボックスをオンにして、[完了]をクリックして下さい。

コードの編集は、ダッシュボードの「外観」→「テーマの編集」で行います。

AFFINGER4では、審査時のコードは「テーマヘッダー (header.php)」に貼り付けます。
(貼り付ける手順や場所はこちらのサイトを参考にさせてもらいました。ありがとうございます。)

アフィンガーでアドセンス審査時のコードを貼るときの注意点

AFFINGER4のプラグイン、専用テーマアップローダー4を使っていますか?

もしあなたが、AFFINGER4のアップデータプラグインを使ってるなら要注意です。

このプラグインは古いヴァージョンのテーマもリネームして残していく仕様になっているようです。

なので、「編集するテーマを選択」の中に、親テーマの「AFFINGER4」が複数個ある場合があります。(赤で丸く囲んでる部分)

ダッシュボード

わたしの場合、2つあったので、一番上の「AFFINGER4」を選択しました。

これが失敗で、実際には使用されていない古いヴァージョンのテーマでした。

まず、「style.css」で使用中のバージョンかどうかを確認してください。(青の四角で囲んでる部分)

使用中のヴァージョンでなければ別の「AFFINGER4」を選択して、再度「style.css」を確認してみましょう。使用中のヴァージョンであれば、「テーマヘッダー (header.php)」を選択して、アドセンスのコードをコピペです。

「header.php」へのコードの貼り付けは、使用中のヴァージョンの「AFFINGER4」に!

これ、大切です。

失敗したらどうなったか

気づかずに間違えてコードを貼り付けてたら申請後2時間もしないうちに、「adsense-noreply@google.com」さんからメールが届きました。

AdSense のお申込み状況

前回のメールでお伝えしましたように、AdSense コードがお客様のサイトに配置されましたので、引き続きお申し込みの審査を行いました。その結果、お客様のアカウントで次の違反が確認されましたので、アカウントは不承認となりました。
承認されなかった理由は次のとおりです。

と言う文面でした。「いきなり不合格なん、はやっ!」と思ってよく読んだら、この後にコードが貼り付けられてないからちゃんと貼り付けてくださいね…という旨が書かれていました。

で、再度確認したんですが、ちゃんと貼り付けられてます。

う~~ん、なんで?

ちょうど前の日にこのアップデータプラグインをインストールしたばかりだったんです。しばらく考えてたら気づきました。

3日前なら忘れていましたね。アラフィフの脳みそは記憶がすぐ蒸発するんです、前日で良かった。

専用テーマアップローダー4をお使いのみなさん、注意してくださいね~。

【↓こちらの記事もおすすめです】
実質3日でアドセンス審査、承認。なかなか通らないってホントなの?

-パソコン
-, , ,

Copyright© オクラビット , 2018 All Rights Reserved.