車で大阪から東京まで~前日夜発で行くべき理由と準備と心がまえ

投稿日:2017年11月26日 更新日:

高速道路

この記事はこんな人におすすめ

  • 車で東京~大阪間を移動しようと考えている
  • 自動車での家族旅行を計画している
  • 深夜に長距離運転をする予定がある

大阪から東京まで車で行ってきました。家族旅行です。

1日目は鎌倉、東京を観光。2日目はディズニーランドを楽しみました。

少しでも出費をおさえるため、自動車での旅を選択。

前日の夜に出発し、深夜の長距離運転で行きました。

なぜ自動車での家族旅行を選んだのか、どうして深夜に移動したのか。その理由や気を付けた点をご紹介します。

大阪・東京間~所要時間、走行距離、交通費

所要時間

約12時間(休憩2時間および仮眠3時間を含む)

走行距離

約550Km

交通費

高速代:約10,000円(門真~茅ヶ崎、朝比奈~葛西東 ETC割引料金)

ガソリン代:約6,000円(燃費12km/L、ガソリン単価125円/Lで計算)

合計 約16,000円

※すべて片道で計算

大阪から東京へ自動車で行くメリットとデメリット

車で行くメリット

長距離、長時間ドライブして大阪から東京まで車で行くことのメリットは何でしょうか?

最大のメリットはお金

一番の利点は人数が多い場合、交通費がコストダウンできることです。

家族4人なら新幹線で行くより、自動車の方がかなり安くなります

新幹線の場合、新大阪~東京間の普通車指定席(のぞみ)は大人14,450円です。子どもは半額の7,220円。

家族4人、大人2人+子供2人だと合計43,340円になります。往復だと86,680円です。

車の場合は高速代が約10,000円(ETC割引あり)、ガソリン代が約6,000円で合計約16,000円。往復で約32,000円です

もう一度、言います。

新幹線だと往復86,680円、自動車だと往復32,000円。

その差は50,000円以上!

車の片道交通費と新幹線の普通車指定席の片道料金はほぼ一緒。

車なら、おおよそ大人ひとり分の新幹線代で家族全員が東京まで行けるということです。

その他のメリット

荷物が多くても苦にならない

着替えやお土産など、荷物が多くても車なら楽ちんです。

プライベートな移動空間

他の乗客に気を使うことがありません。家族だけの空間でそのまま移動できます。

現地での移動が楽

現地での移動が楽です。特に荷物が多い場合は圧倒的に楽です。

など、でしょうか。

車で行くデメリット

もちろん、デメリットもあります。

新幹線や飛行機と比べて、移動時間がかなり長い

運転手は体力的に大変

窮屈な車内に長時間いないといけない

都内の駐車場代は高い(関東近郊の観光地は駐車場代が高い)

メリットとデメリットを比べてわが家は今回、車で東京まで行くことに決めました。

交通費の差が決め手になりました。

メリットもデメリットもありますので、それぞれの家庭の事情にあった選択をするのが良いかと思います。

スポンサーリンク

前日夜発、深夜の長距離運転をする理由

夜明けの道

前日夜出発のメリット

GWやお盆、年末年始や3連休など長期休暇を利用して自動車で遠方へ旅行することありますよね。

わが家は車で遠出する場合、前日の夜に出発することが多いです。なぜかというと、目的地に朝早く着くことができるから。

早朝に到着し、混雑を避けてゆっくり観光したり、朝市を楽しんだり・・・

朝一番から現地で行動できるため、時間を有効に使うことができます。普通の旅行の日程であれば、1日目の半分近くが移動時間となってしまいます。

前日夜出発のメリットは、

現地での早朝の時間帯を楽しむことができる

旅行初日の時間をまるまる1日分使うことができる

ということになります。

さらにもう一つ大きなメリットとして、車が少ない時間帯に走行するため、長距離ドライブで一番厄介な渋滞を避けることができるというものがあります。

また、同乗者は寝てる間に到着というメリットもあります。

条件にもよりますが、高速道路のETC深夜割引が適用されることも大きなポイントになるでしょう。

前日夜出発のデメリットと対策

深夜に移動しますので、運転中の眠気には注意しないといけません。わたしは、いつもコーヒーやガムを用意したり、十分に休憩・仮眠をとるように心がけています。

メリットの大きい前日出発ですが、ひとつ残念なことがあります。

途中で仮眠をとっているにもかかわらず、頭が重いような疲労感が残るんです。初日の朝や日中、なんか頭と体がビミョーにおもだるいんです。

寝足りない、熟睡できていないのが原因だと思います。

「眠気覚ましのカフェインのため、睡眠中も脳が十分に休息できていない」からに違いありません。

体は眠っていても、脳みそはカフェインによる興奮状態でしっかり休めていないんです。

そこで、今回はカフェインをとらない眠気対策を試してみました。

カフェイン無し眠気対策の準備

準備したもの

飴玉(眠気覚まし・栄養補給用)

オーディオブック( 眠気覚まし、退屈防止用)

耳栓(100均で購入、仮眠時の熟睡用)

あえて準備しなかったもの

カフェインを含んだ眠気覚まし(コーヒー・ガム等)

カフェイン無し眠気対策の効果

今回試したカフェイン無しの眠気対策と効果

飴をなめる → おいしいけど、眠気防止に効果はない

窓を開ける → 一時的な効果はある、音がうるさいので眠っている同乗者に気をつかう

オーディオブックを聴く → 効果なし、失敗

「オーディオブックを聴く」は大失敗でした。よほど興味深い内容でないと退屈してしまい、逆に眠くなってしまいます。

眠気対策の結論

運転中の眠気に対しては、これだという対策はありませんでした。

でもコーヒーを飲んだりガムを噛んでても、結局は眠くなりませんか?

個人的には、カフェインのある無しは眠気覚ましにあまり関係ないような気がします。

眠気対策で一番良いのは、

眠くなったら寝る

当たり前のことですが、これにまさるものはないでしょう。

深夜の長距離運転で大切な2つのこと

仮眠ではいかに熟睡するかが大切

長距離運転では睡眠時間を十分とることができません。

仮眠でどれだけ熟睡できるかが勝負

ではないでしょうか。

そこで今回、「カフェインをとらない」に加えて「耳栓をして寝る」を試してみました。

以前、隣のドアの開け閉めが気になったり、子供が起きだして騒いだりで熟睡できないことがあったからです。

100均で買った耳栓をして寝たんですが、正解でした。いつもよりぐっすりと寝ることができました。かなりおすすめです。

翌日の疲労感ですが、全然大丈夫でした。普段の朝の目覚めと変わらない体調でしたよ。

今までだと、なんだかビミョーに頭が重かったんですよね~。

熟睡するために「カフェインをあえてとらない」と「耳栓をして寝る」は大成功でした。

余裕のあるスケジュールも大切

長距離運転ではもうひとつ大切なことがあります。

それは安全運転のために重要なこと、

余裕のあるスケジュールです。

どうしても時間に間にあわせないといけないような予定だとすごく焦りますよね。

車の運転に焦りは禁物です。

長距離でのドライブの場合、集中力が低下しています。

はじめての不慣れな道を走ることも多いので、なおさら慌てることは良くありません。

無理をして焦る、仮眠・休憩がおろそかになる、そんなスケジュールだと事故のもとになります。

気持ちに余裕をもって運転できるようなスケジュールにすることが大切です。

次回、気をつけたいこと

トンネル

今回の長距離運転で気づいたこと、忘備録として記録しておきます。次回への課題です。

面白そうなラジオの音声データをスマホに入れておく。

オーディオブックが失敗だったので、その代替案

飴玉だけではなくカフェイン無しのミントガムも用意する。

ミントガムのほうが眠気が覚めるかも。ただしカフェインレスにする。

さらなる熟睡のためにアイマスクを使ってみる。

夜のサービスエリアはけっこう明るい。ヘッドライトも気になる。次回は「耳栓+アイマスク」でさらに熟睡できるようにする。

車中での仮眠には「耳栓+アイマスク」がおすすめ

<2018年11月27日追記>

出雲大社へ前日夜出発で行った際に「耳栓+アイマスク」で仮眠しました。

結果は良好!ばっちり熟睡できました。おすすめです。

アイマスクをつけた瞬間、「これはよく寝れそうだ」と感じました。

なので寝過ごさないようにiphoneのアラームをセットして、胸ポケットに入れて仮眠しました。

アラームが鳴るまでぐっすり睡眠できましたよ(アラームをセットしておいて良かったです)。

まとめ

前日夜出発での長距離ドライブの旅、メリットと注意点をまとめます。

メリット

  • 家族旅行の場合、交通費が安い
  • 旅行初日の時間を朝から晩まで丸1日分使える
  • 渋滞にまき込まれない

注意点

  • 眠くなったら無理せず寝る
  • 余裕を持ったスケジュールで行動する
  • 熟睡するために耳栓やアイマスクを準備しておく

大阪から東京への自動車の旅は、大変ですが楽しい旅でした。

帰宅直後は「疲れた~」、「運転しすぎて右足、痛て~」だったんですが「車で行って失敗だった」とは思いませんでした。

機会があればぜひまた行きたいです。

長距離運転で旅行するなら、安全にはくれぐれも気を付けてください。

大切な家族を乗せているんですから、一番大事なのは、安全に目的地へ着くこと、無事に家に帰ってくることです。

長々と読んでくださってありがとうございました。

こちらの記事もおすすめです!


草の上の車

2018/7/19

山奥のキャンプ場で車のバッテリーがあがった話

キャンプ場でちょっとしたハプニングが起きました。車のバッテリーがあがったんです。 帰宅する日の朝方、混みあってきたんで邪魔にならないように自動車を動かそうかなと思ったら・・・エンジンがかかりません。 あせりました。その時、わたしの頭には次の3つの対処法が浮かびました。 プランA:キャンプ場の管理人さんに相談、バッテリーケーブルがあれば借りる。 プランB:ダメなら、場内放送でバッテリーケーブルを持っている人を探してもらう。 プランC:それもダメなら、損保会社に電話してロードサービスを呼ぶ。 結果はプランAで ...

ReadMore

2018/12/2

混雑時の出雲大社を渋滞無しでお詣り!大阪から島根・鳥取へ車の旅

この記事はこんな人におすすめ 混雑を避けて神在月の出雲大社へお詣りしたい人 大阪から車で島根県・鳥取県に行きたい人 2018年11月23日(金・祝)、3連休の初日、神在祭の出雲大社へ行ってきました。 大阪から車で家族旅行です。ペットの犬を連れて、ミニバンにての旅でした。 11月は例年、出雲大社が混雑する時期です。 11月(旧暦10月)は神無月と呼ばれています。でも出雲地方では11月(旧暦10月)を神在月と呼びます。 なぜならこの時期、日本中の神様達が出雲大社に集合するからなんです。 特に神在祭の期間は1年 ...

ReadMore

高知キャンプ旅行

2019/5/9

高知・四万十へキャンプ旅行2~とまろっと、足摺岬、竜串、土佐清水

前回からの続き、大阪から高知・四万十へのキャンプ旅行の記録、その2です。 2日目の足摺、竜串、土佐清水方面への観光の様子をご紹介します。 ↓前回:大阪から高知県への道のりと高知市内の観光はこちら 目次1 4/29(月・祝)~足摺岬、土佐清水、竜串、マルナカ1.1 とまろっとキャンプ場の朝1.2 足摺岬(あしずりみさき)1.3 足摺黒潮市場(土佐清水さかなセンター)1.4 足摺黒潮市場のレストランにて昼食1.5 竜串(たつくし)1.6 スーパーマルナカ四万十店1.7 とまろっとへ帰着 4/29(月・祝)~足 ...

ReadMore

アンティークモーニングビュッフェ

2018/10/6

【パン食べ放題モーニング】アンティーク堺鉄砲町店に行ってきた

この記事はこんな人におすすめ アンティークのパン食べ放題モーニングの様子が知りたい人 アンティーク(ANTIQUE)のモーニングビュッフェで美味しいパンをお腹いっぱい食べてきました。 アンティークはマジカルチョコリングというパンが有名なパン屋さんです。 イオンモールやキューズモールなどのショッピングモールによく出店しているのでご存知の方も多いかと思います。 それでは食べ放題モーニングの様子を紹介します。 目次1 アンティーク、パン食べ放題モーニングの紹介1.1 メニュー(料金、システム)1.2 ドリンクコ ...

ReadMore

さわやかガール

2018/1/23

炭焼きさわやか:はじめて行くなら知っておきたい7つの心得

静岡県にある「炭焼きレストランさわやか」というファミリーレストランでハンバーグを食べてきました。 結論から言うと、「むっちゃ美味しいやん!今まで食べたハンバーグでナンバーワン!」なお店でした。 「炭焼きレストランさわやか」は静岡県限定なので、関西人のわたしにとっては初体験のお店。 そして、予備知識なしで行くと、いろいろとビックリすることの多いお店でした。 はじめて「炭焼きレストランさわやか」を訪れる人のために、どんなビックリがあるのか、そして驚かずに落ち着いて楽しむために知っておきたい心得をご紹介します。 ...

ReadMore

 

-お出かけ情報
-, , ,

Copyright© オクラビット , 2019 All Rights Reserved.