大自然&高規格!オートキャンプ場とまろっとはこんな人におすすめ

投稿日:2019年6月18日 更新日:

オートキャンプ場とまろっと

この記事はこんな人におすすめ

  • とまろっとキャンプ場がどんなことろか知りたい
  • 高知県でキャンプがしたい
  • 遠方から四万十市周辺の観光に行きたい
  • 長期滞在できるキャンプ場を探している

ゴールデンウィークの長期休暇を利用して、高知県にキャンプ旅行に行ってきました。

宿泊したのは四万十市にあるオートキャンプ場とまろっと。4月28日~30日、3泊4日と長めの滞在です。

とまろっとは海のすぐそばにある自然派のキャンプ場にもかかわらず、高規格でとても快適でした。

行ってみてわかったのですが、市街地からも近く買い出しに便利なロケーションでした(それでいて自然豊かで静か)

長期滞在して観光の拠点として利用するのにピッタリのキャンプ場でしたので、ご紹介いたします。

とまろっとはこんな人におすすめ

オートキャンプ場とまろっとはこんな人におすすめします。

高規格!キャンプ場でも快適に過ごしたい人、長期滞在したい人におすすめ

遊具や公園がある!小さな子供さんがいるファミリーキャンパーにおすすめ

観光地がいっぱい!高知の観光を満喫したい人におすすめ

グルメ王国高知!美味しいものをいっぱい食べたい人におすすめ

それでは、キャンプ場をご紹介します。

とまろっとへのアクセス

四万十市は高知市内から遠い

とまろっとは高知県四万十市にあります。高知県は東西に長く、四万十市は西寄りに位置します。

四万十市は高知市からかなり遠いです。

高知市内からとまろっとまで車移動で100km以上、高速を利用しても2時間近くかかります。

場所情報

オートキャンプ場とまろっと
高知県四万十市下田3548
TEL:0880-33-0101

四国の主要都市からとまろっとまでの時間(高速利用の場合)
高松からは約4時間
徳島からも約4時間
高知からは約2時間
松山からは宇和島経由で約3時間、高知経由なら約4時間です。

大阪から四万十市まで、車でのルート・距離・時間

大阪市南部のわが家からは、明石海峡大橋経由で高知市内まで約4時間半(休憩時間含まず)でした。そして、高知市内からとまろっとまでは下道利用で約3時間かかりました。

大阪からだと合計7時間半、おおよそ440kmの道のりです。休憩など入れると9時間近くかかると予定しておいたほうが良いでしょう。

すごく遠い気がしますが、途中で観光しながら移動したのでまったく遠さを感じませんでした。

逆に、とても楽しくて充実した道のりでしたよ。

↓大阪から高知市内、とまろっとまでの観光や移動ルートの記録

高速道路は途中まで、無料区間あり

四国の高速道路は整備途中、発展途上の状態です。

将来的には4県(香川、徳島、愛媛、高知)の各自動車道が8の字状につながる予定のようですが、現状では高知自動車道と松山自動車道が西の端で連結していません。

高知自動車道の西端は四万十町中央ICとなります。四万十町中央ICからとまろっとまでは1時間ほどかかります。

高知自動車道の無料区間

須崎西ICから四万十町中央ICは無料通行区間になります。

また、四万十町中央ICを降りて国道56号線でとまろっとへ向かう途中、四万十町西ICから黒潮拳ノ川ICまでの約6.1kmの区間は片坂バイパスと呼ばれ、無料区間になります。
(片坂バイパスは2018年11月17日開通なので、カーナビには出てこないかもしれません)

オートキャンプ場とまろっとはこんなところ

とまろっとの施設、設備を紹介します。

※写真の多くは朝の6時前に撮影したので人があまり写っていませんがほぼ満サイトでした。

サイトの概要

とまろっと施設案内図

とまろっとの場内は、イベント広場を中心に大きく南北に分かれています。

敷地は37,000平方メートルもあり、とても大きなキャンプ場です。海岸沿いのロケーションですが、海抜33メートルの高台に位置します。

とまろっと海抜

キャビンサイトが22棟、木製フロアーのテンガローサイトが5サイト、芝生のテントサイトが47サイトあります。全て区画サイトになります。

とまろっと、テンガローサイト

テンガローサイト(木製床)

テンガローサイトとテントサイトには流しが設置されています。全て電源付きです(電源の利用には別途料金が必要)。

とまろっとの流し

流しが設置されているので便利

テンガローサイトのフロアサイズは3.68m✕4.92m、テントサイトは10m✕10mの約100平方メートルです。

わが家のサイトは南側の管理棟がある方でした。

テントサイトはおおよそ10m✕10mと広いのですが、車を停めるスペースにはブロックが敷かれています。また、サイト内にビミョーな傾斜があったり、木の根があったりしました。流しもあるのでテントレイアウトは限られ、広々と使うのには工夫が必要なサイトでした。

とまろっと、テントサイト

オクラ家のサイト

左右のサイトとの仕切りが1本の木だけなのでプライベート感はありません。後方のサイトとの間には植木の垣根があります。

ただ、わが家も含めて日中は観光に行っている人が大半のようで、プライベート感のある無しは気になりませんでした。

とまろっと、一方通行

場内は一方通行です

キャビンサイトはログハウス風の作りになっています。

設備は寝具付ベッド×4、折り畳みテーブル、イス×4、冷蔵庫、コンセント、テレビ、エアコンとなっています。キャビンにお風呂とトイレはありませんのでご注意ください。外に流し台があります。

テンガローサイトやキャビンサイトにはオーシャンビューなサイトもありましたよ。いつか泊まってみたいですね。

チェックイン・チェックアウト時間

チェックインは15:00~19:30、チェックアウトはキャビンは11:00まで、テントとテンガローは13:00までです。

繁忙期以外はデイキャンプ利用で10:00からのアーリーチェックイン、16:00までのレイトチェックアウトが可能です(キャビンは不可)。

22:00から翌朝7:00までは入り口ゲートが閉められて、車での出入りが出来なくなります。

設備など

とまろっとオートキャンプ場は高規格キャンプ場になります。設備は非常に充実しています。

管理棟

管理棟にはフロント、売店、喫茶があります。売店では薪、炭、氷やアルコール類が販売されていました。

コインランドリー(洗濯機、乾燥機)もありますので、長期滞在も可能です。

とまろっと管理棟

コインシャワー

キャンプ場内にコインシャワーがあります。100円で5分です。ドライヤーもありました。シャワールームはとてもキレイでした。

とまろっとコインシャワー

管理棟のサニタリー施設

とまろっとシャワー室

シャワー室はキレイ

とまろっとコインシャワー

100円で5分

ドライヤーが置かれているキャンプ場ははじめてです。

とまろっとドライヤー

ただし、ターボ機能とかはありませんので風力はイマイチ。髪の長い女性は、自前のドライヤー持参が良いでしょう。

わが家は女子3人なのでドライヤーを持参しました。

↓ちなみにオクラ家のドライヤーはこちら、安くて軽くて大風量です

バリアフリー対応のシャワー施設もありました。

とまろっと多目的シャワー

わが家は利用しませんでしたが、徒歩圏内に四万十いやしの湯という温泉施設があるそうです。

参考 四万十いやしの里 公式HP:https://www.shimantonoyado.co.jp/四万十いやしの里

トイレ

管理棟内にはサニタリー室があり、洗面所、コインシャワー、トイレ(ウォシュレット付きもありました)があります。清潔でとてもキレイです。

とまろっとトイレ

管理等のトイレ

南側のサイトの端にもトイレ棟が1ヶ所あります。

北側のサイトにはサニタリー棟(コインシャワー、トイレ)が1ヶ所とトイレ棟が1ヶ所あります。

とまろっとのサニタリー棟

北側サイトのサニタリー棟

トイレ棟はセンサーライトになっています。夜間は電気が消えていて、人がやって来ると灯りがつきます。

省エネのためなのか場内を程よく暗く保つためなのか目的は分かりませんが、わが家の女子達がこの人感センサーの照明を大絶賛していました。

理由は、

虫が来ない、虫が少ない!

からだそうです。

これ、虫嫌いの女子にはかなり重要なポイントだそうですよ。

キャンプ場近辺

とまろっとは土佐西南大規模公園の一部(四万十エリア)に属しています。

参考 土佐西南大規模公園HP:http://www.iwk.ne.jp/~seinan/navi_nakamura_top.html

徒歩圏内に様々な公園施設があります。

星空観測広場:とまろっとは星がキレイに見えるそうです。星空を観測するための広場もあるようです。わが家が訪れた日はずっと天気が悪く、星はまったく見えませんでした。

遊びの丘エリア:山の傾斜を生かして整備された小さな子供向けの遊び場があります。

展望広場エリア:運が良ければクジラが見えることもあるそうですよ。

海岸:イベント広場から海岸へと続く道が伸びています。徒歩5分ほどで海岸へ着くとのことです。

とまろっとイベント広場

イベント広場

わが家が滞在した4日間は雨続きだったので、徒歩圏内のこれらの施設はひとつも利用しませんでした、残念。

平野サーフビーチ:車で数分のところにあります。残念ながらワタシはサーフィンをやらないのでよく知りませんが、全国でも有数のサーフスポットだそうです。サーファーの方は、とまろっとに宿泊して連日サーフィンを楽しむというのもありですね。

その他の施設・設備

遊具施設

簡単な遊具があります。年長さんくらいまでの小さな子供は喜ぶでしょうね~。

とまろっと遊具

展望台

展望台もあります。太平洋が目の前です。

とまろっと展望台

とまろっと展望台

自動販売機

自動販売機もありました。その横には懐かしの公衆電話も(使えるかどうかは不明)。

とまろっと自販機

郵便ポスト

郵便ポストもありました。

とまろっと郵便ポスト

炊事棟

炊事棟の中には調理用のかまどもあります。

とまろっと炊事棟

とまろっと炊事棟

炭捨て場、灰捨て場

炭の燃えカスや灰を捨てる場所は炊事棟の横にありました。

とまろっと炭捨て場

ゴミ集積場

ゴミは分別して捨てないといけません。

ゴミ集積場

写真はありませんが、BBQ広場ドッグランもあるようです。

場内照明

とまろっと照明

とまろっと照明

歩道の街灯がキャンドルライト的なほのかな照明なので、場内がいい感じに暗い。キャンプ場の夜は暗い方がいいと思っているわたしにとってはかなりポイントが高いです。

料金

宿泊料金は下記のとおり、1泊の金額です。冬期の平日には割引もあるようです。

テントサイト
4,100円 (※電源利用は別料金 750円/1泊)

テンガローサイト
4,600円 (※電源利用は別料金 750円/1泊)

キャビンサイト
10,800円(4名まで 追加1人につき1,000円 ※最大収容人数6名)

※電源利用者には延長コードを貸してくれます。

注意事項等

とまろっと注意事項

  • ゴミは分別してゴミ集積場へ捨てましょう
  • ペット可(キャビンへの入室は不可)、場内ではリードに繫いでフンの始末は確実に
  • 花火は禁止
  • 直火での焚火は不可、焚き火台を使いましょう
  • 支払いはカード不可、現金のみとなります

予約について

予約受付は利用日の2ヶ月前の1日からとなります。

例えば、8月15日の予約なら2ヶ月前の6月1日からの予約開始となります。

予約受付時間は8:30~17:15です。電話受付もしくは直接出向いてフロントにての予約手続きのみで、ネットでの受付はありません。また、受付時にサイトの指定はできません。

ホームページにて予約状況が閲覧できますが、キャンセル待ちは出来ないようです。電話で確認して、空きがあれば予約という流れになります。

月をまたいでの予約ができない?

利用日の2ヶ月前からの1日からという予約ルールのため、月をまたいでの予約が出来ないようです。

例えばGW前半の4月末分は2月1日からの予約、GW後半の5月はじめ分は3月1日からの予約となります。4/30~5/1とかだと、4月分を2月に5月分を3月にと別々に予約しないといけません。

ただし、連休時は予約が殺到するようなので、オンシーズンの長期休暇で月をまたいでの予約は実質不可能かと・・・

月をまたいでの予約に関する対応の可不可は、キャンプ場にお問い合わせください。

予約合戦、わが家の場合

わが家はGW前半4月28日から3泊分を予約しました。4月分なので2カ月前の1日である2月1日が予約開始日です。

2月1日の8:30と同時にとまろっとへ嫁さんと二人で手分けして電話。どちらも携帯からのコールです。

わたしは何度かけても話し中。まったくつながりませんでした。しばらくすると、嫁さんからLINEで連絡「予約とれたよ~」とのこと。

聞けば、49回目にやっとつながったそうです。10分以上かけ続けたらしいです。

キャンセル料は不要

とまろっとはキャンセル料は不要です。

キャンセル料不要のキャンプ場にありがちなのですが、他のキャンプ場と天秤にかけている人が直前にキャンセルすることがあります。また、天候によってはキャンセルが多く出ることもあります。

わが家が泊まった4月28日~30日の期間は天気が悪く雨ばかりでした。フロントの方とお話したら、キャンセルが出たけどすぐに埋まったとのことでした。

人気のキャンプ場でも直前、前日、当日に電話してみたら空きが出ていることもありますよ。

ちなみにわが家も以前、GWの予約が取れず、「とりあえず西に向かいながら電話しまくりだ~」とキャンプ道具を積んで目的地を決めずに出かけたことがあります。

岡山県の経ヶ丸グリーンパークに当日キャンセルの空きがあって、無事キャンプすることが出来ましたよ。

↓今まで行ったキャンプ場の記録、経ヶ丸グリーンパークには2012年に訪れました

買い出し、スーパーマーケット

とまろっとキャンプ場は海沿いにある自然派&高規格キャンプ場ですが、実は都市型でもあります。四万十市街地から車で10分ほどなので、買い出しが超便利です。

一番近いお店は車で5分ほどのローソンになります。ローソンのすぐそばに地元の野菜や鮮魚などを販売している彩市場(いろどりいちば)というお店もあります。

彩市場

彩市場

彩市場

彩市場の鮮魚

とまろっとから一番近いスーパーはサニーマートです。車で10分ほど。スーパー内には100均もあります。

サニーマート

とまろっとから車で15分ほどのところにはマルナカというスーパーマーケットもあります。こちらにもスーパーの中に100均がありました。

スーパーマルナカ

サニーマートもマルナカも大きなスーパーです。安売りもシッカリやってます。

個人的な意見ですが、マルナカのほうが品揃えが良く高知産のものが多く売っている気がしました。

ホームセンターやユニクロ、しまむらも車で15分圏内にあります。

少し足をのばせば、土佐清水久礼大正町市場で新鮮な魚介類を仕入れることも可能です。

周辺観光・グルメ

高知県下には観光スポットが多くあります。わが家もとまろっとへ向かう途中、土佐の日曜市高知城など観光を楽しみながら移動しました。

↓高知県下で行きたいところや食べたいものをまとめた記事、たくさんあり過ぎて全て制覇できませんでした

観光

とまろっと周辺にも見どころがたくさんあります。

↓足摺・竜串へ行ったときの記事はこちら

↓佐田沈下橋へ行ったときの記事はこちら

グルメ

高知は美味しいものがいっぱいです。海の幸も山の幸も豊かです。訪れたのは初鰹の季節だったのでカツオを何度も食べました。スーパマーケットで売っているカツオもとって新鮮でむちゃウマなんです。

小夏という柑橘系の果物が美味しすぎてそればかり食べてましたよ。また食べたいな~、でも大阪では売ってないんですよね。

↓高知県で食べた美味しいものをまとめた記事

まとめ

とまろっとのおすすめポイントと活用法をまとめます。

おすすめポイント

  • 自然豊かなのに都市型で買い物便利
  • 遊具が場内にある、公園、海岸が近いので子供が退屈しない
  • 高規格で快適、コインランドリーもあり長期滞在向き
  • 観光地がたくさんある
  • 食べ物がとにかく美味い(高知は日本酒も美味い)

おすすめ活用法

とまろっとオートキャンプ場は、

高規格で快適、買い物便利!

なので長期滞在が苦になりません。

そして高知県は、

美味しいものと観光地がてんこ盛り!

ゆえに、とまろっとのおすすめ利用法は、

長期滞在して美味しいものと絶景を味わい尽くす!

とにかく過ごしやすくておすすめのキャンプ場、また行きたいです。興味を持ったあなたも、ぜひどうですか~。

こちらの記事もおすすめです!

草の上の車

2018/7/19

山奥のキャンプ場で車のバッテリーがあがった話

キャンプ場でちょっとしたハプニングが起きました。車のバッテリーがあがったんです。 帰宅する日の朝方、混みあってきたんで邪魔にならないように自動車を動かそうかなと思ったら・・・エンジンがかかりません。 あせりました。その時、わたしの頭には次の3つの対処法が浮かびました。 プランA:キャンプ場の管理人さんに相談、バッテリーケーブルがあれば借りる。 プランB:ダメなら、場内放送でバッテリーケーブルを持っている人を探してもらう。 プランC:それもダメなら、損保会社に電話してロードサービスを呼ぶ。 結果はプランAで ...

ReadMore

谷瀬の吊り橋

2018/5/25

予約不要!つり橋の里キャンプ場はこんな人におすすめ

この記事はこんな人におすすめ つり橋の里キャンプ場について知りたい 予約不要で当日受付OKのキャンプ場を探している イン・アウト時間に余裕のあるキャンプ場を探している 関西で予約のいらないキャンプ場といえば「心のふるさと つり橋の里キャンプ場」が有名です。 予約不要なので突然の思いつきで出かける時や、長期休暇なのに他で予約が取れなかった場合でも大丈夫。 当日受付で行くような人にはおすすめのキャンプ場です。 目次1 つり橋の里キャンプ場はこんな人におすすめ!2 つり橋の里キャンプ場の紹介2.1 GWに「つり ...

ReadMore

高知キャンプ旅行

2019/5/8

高知・四万十へキャンプ旅行1~出発、高知市内、桂浜、須崎市

ゴールデンウィークに高知県まで家族旅行をしてきました。 大阪から自動車での4泊4日(車中1泊)の旅です。 宿泊は四万十市の「とまろっと」というキャンプ場。 天候が悪く初日以外すべて雨でしたが、たくさん観光して美味しいものもいっぱい食べて大満足の旅でした。 大阪から高知までの車でのルートや交通費、1日目の現地での観光の様子(主に高知市内)を紹介します。 これから高知へ行く方は、参考にどうぞ。 目次1 大阪から高知市内へ車で、距離・時間・ルート・交通費1.1 距離1.2 時間1.3 ルート1.4 交通費2 4 ...

ReadMore

高知キャンプ旅行

2019/5/13

高知・四万十へキャンプ旅行3~佐田沈下橋、マルナカ、令和バンザイ

前回からの続き、大阪から高知・四万十へのキャンプ旅行の記録、その3です。 3日目の観光は佐田沈下橋のみ、昼からはキャンプ場へ帰ってBBQをしました。 ↓前回:足摺、竜串、土佐清水方面の観光はこちら 目次1 4/30(火・祝)~佐田沈下橋、雨のBBQとラタトゥイユ、そして令和1.1 とまろっとの朝、天気回復の予報!1.2 四万十川の佐田沈下橋へ1.3 昼食はバーベキューに、しかし・・・・1.4 雨の下でBBQは無理、シェルターの中では煙い!1.5 ディナーはラタトゥイユ風1.6 令和、バンザーイ 4/30( ...

ReadMore

キャンプの思い出

2018/8/29

今まで行ったキャンプ場をまとめて紹介!おすすめポイントとランキングも

キャンプが好きなんです。 子供が小さなころは平均年3回ほど行ってました。 でも大きくなると、なかなかいっしょに遊んでくれなくなります。 近頃は行く機会がめっきり減りました。 寂しいので頭の中で妄想キャンプです。今まで行ったキャンプ場を振り返ってみます。 訪れたのはほとんど西日本と近畿圏になります。 それぞれにおすすめポイントをつけています。独断と偏見でランキングもしてみました。 キャンプ場選びの参考にどうぞ。 目次1 2011年1.1 知内浜オートキャンプ場1.2 志摩オートキャンプ場2 2012年2.1 ...

ReadMore

-お出かけ情報
-, , , ,

Copyright© オクラビット , 2019 All Rights Reserved.