ホームベーカリー、やっちまった失敗例

投稿日:2018年3月11日 更新日:

NG

明日の朝食は久しぶりに焼き立てパンだ~と、

前日夜、ホームベーカリーに具材を入れて予約タイマーをセットしました。

朝、小麦の焼けるいい香りで目覚め、ホームベーカリーのフタを開けると・・・

 

なんじゃこりゃ~

 

セ、セ、セメントですか?

ホームベーカリーの失敗

どうやら水を入れ忘れたようです。

ホームベーカリー、やりがちな失敗(わが家の場合)

ホームベーカリーって時々、失敗してしまいませんか。

それとも失敗するの、わが家だけですか?

今までやった失敗例をいくつか紹介いたします。

レシピの分量を間違える

レシピ見ながら具材をセットしてると、1斤のつもりが1.5斤を見てしまってたとかです。

分量がごちゃまぜになって変なものができあがります。

水だけ1.5斤の分量で、なんかベッチャリした残念なパンができたりします。

ドライイーストが古い

冷蔵庫にあったドライイースをなんの疑いもなく使ったら、賞味期限切れだったとか。

封が開いてるの使ったらダメになって発酵力が弱まってたとか。

うまく発酵してくれなくて、小麦をこねて焼いただけの硬い食べ物ができます。

こねるのに必要なハネが外れていた

ハネの付け忘れやハネがしっかりハマってなくて外れた・・・とかです。

材料入れた時のまま、こねずに焼きあがるので、得体のしれないものができます。

予約タイマーをセットしたのに電源を切ってしまった。

ホームベーカリーの予約タイマーをセットしてるのを忘れて、電源を切ってしまったことがあります。

できたかなあーと、楽しみにして目覚めると、できてなくて、落ち込みます。朝からブルーになります。

↑スイッチ付きのテーブルタップ使って、まめにオンオフするエコな(貧乏症なだけ?)わが家ならではの失敗

材料のひとつを入れ忘れ

バターやスキムミルクの入れ忘れぐらいなら大丈夫だと思いますが、水は忘れちゃいけません!

水を入れ忘れると、セメントができます。

まとめ

ホームベーカリーって一度セットしたら、できあがるまでどうなってるか基本的には確認できませんよね。

完成だと思ってフタを開けたら残念な結果にならいないように次のことをしっかりチェックしましょう。

材料の入れ忘れ

分量のまちがい、勘違い

ドライイーストは新しいもの

ハネはしっかりセットされているか

予約してるのに間違って電源切らないように

-暮らし
-,

Copyright© オクラビット , 2018 All Rights Reserved.