暮らしのヒント

イライラせずに子供に勉強を教える、楽しく学ぶための5つのルール

2019年9月25日

この記事はこんな人におすすめ

  • 小学生のお子さんがいる人
  • 子供に勉強を教えているとイライラする人

あなたは、子供に勉強を教えているとイライラしてしまうことないですか?

わたしもかつてはそうでした。

 

小学生の次女に「勉強、教えて」と頼まれて、勉強を見てあげると、

真剣に聞かない(真面目さがない態度)

すぐに分からないという(生意気な態度)

ちょっと考えただけで問題を解くことをあきらめる(一生懸命さが無い)

 

教えるこちらは腹が立って、

「もう知らんわ!自分でやり!」

と最後に怒鳴って勉強終了・・・

 

子供は半泣きで悲しそう、

怒ったわたしも、なんだか自己嫌悪でモヤモヤした気分・・・

 

そんなことが何度かあり、これじゃあダメだと反省しました。

もしかして教え方が悪いのかな、

それともうちの子は理解力が足りないのかな、

と、ちょっぴり悩んだりしました。

でも、次の5つのルールを決めてから、イライラや不安は無くなりました。

お父さんお母さんの参考になるかもしれませんので、ご紹介させてもらいます。

 

楽しく学ぶための5つのルール

決めたのは次の5つ、全てそれまでの反省から生まれたルールです。

5つのルール

  1. わからないのは当たり前だということを肝に銘じる
  2. わからないからと怒らない
  3. 正解は求めない
  4. 親が問題を解かない
  5. 分かった?と聞かない

自分なりのこのルールを決める以前は、

必死で教えても、なかなか理解してくれなくてイライラして腹が立ったり、

本当に理解しているのかなあと不安になったり、

ということが多くありました。

5つのルールについて

四つ葉のクローバー

そんなに大した内容のルールではありませんが、順番に説明いたします。

ルール1、わからないのは当たり前だということを肝に銘じる

よく考えたら、こどもにとっては全てがはじめて習うこと、だからわからないのはあたり前です。

この当然の事実を、あらためて再認識しましょう。

 

そういえば私も子供の頃、算数の「割合の勉強」が全然わらかなくて苦労したなあ~。

父親に教えてもらったんですが、それでも良くわかりませんでした。

「なんでこんな事がわからんかな~」なんてあきれた感じで言われたのを思い出します。

ルール2、わからないからと怒らない

わからないのはあたり前、なのでわからないことに怒る必要はありません。

ルール3、正解は求めない

勉強において大切なのは正解を出すことではなく「考え方を学ぶこと」

そして考え方を学ぶことと同じくらい大切なのは「学ぶことを楽しむこと」ではないでしょうか。

正解だけを追い求めると、応用力が鍛えられません。臨機応変に対応できない人間になってしまうかも。

そんな人、あなたの周りにもいませんか。

マニュアル化された仕事や、ルーチン化された業務は上手くこなせるけど、イレギュラーなことには対処できない人。

 

子どもの学びにとって、分からないことは全然、オッケー

むしろ分からないことは素晴らしいです。

分からないということが分かる、それが一番大切だと思いませんか。

 

分かるとはわからないこととわかることを分けること」という話を聞いたことがあります。

「無知の知」という言葉もありますしね。

自分の理解できていない箇所を知る、知らないという事実を知る、そこから成長がはじまります。

ルール4、親が問題を解かない

これ、すごくありがちなのではないでしょうか。

「宿題がわからないから教えて~」と言われたとき、親が問題を解いて答えそのものを教えてしまうパターンです。

これはやったらだめなことです。

答えを出すところまでやってしまわないように。ヒントや問題を解くうえでの道筋を示すだけにとどめましょう。

間違えてても構いませんよ。「正解は求めない」です。

ルール5、分かった?と聞かない

理解できているかを「わかった?」と聞いて確かめてはいけません

子供は分かってなくても「分かった」と言います。

今、目の前で解いた問題は分かっていても当然です。しっかり考え方まで理解して「分かっている」のか確かめましょう。

その方法は、類題を解かせることです。

わかるとできるはちがうのです。

できるようになるにはやってみることが必要です。

勉強はインプットだけでは完成しません。必ずアウトプットが必要です。

アウトプットとして、同じような問題を解かせてみましょう。

まとめ

もう一度、5つのルールを紹介します。

  1. わからないのは当たり前だということを肝に銘じる
  2. わからないからと怒らない
  3. 正解は求めない
  4. 親が問題を解かない
  5. 分かった?と聞かない

これらのルールを決めてから、勉強を教える事が気分的にすごく楽になりました。

そして、次女は劇的に勉強が出来るように・・・

残念ながらそうはなりませんでした。

でも、あまり勉強しない子供だったんですが、自発的に机に座って勉強するようになりました。

分からなくてもいいんだ、正解しなくてもいいんだと思ったら気が楽になったんでしょうか。

「学ぶこと」は楽しいこと、ということを学んでくれたのかな。

父親的にはそうであればとっても嬉しいんですが・・・。

 

高速道路

2019/10/10

車で大阪から東京まで~前日夜発で行くべき理由と準備と心がまえ

大阪から東京まで自動車で家族旅行をしました。新幹線より交通費が安いので、出費をおさえるためです。深夜に高速道路を長距離・長時間移動しましたが、メリットやデメリット、注意点をまとめています。長距離ドライブを予定されている方は参考にどうぞ。

ReadMore

ミッキーハンバーガー

2019/7/22

【ディズニーランド攻略法】早起きとファストパスは最強アイテム

家族旅行で東京へ行ってきました。夜に大阪を出発し、1日目は鎌倉、東京を観光、2日目はディズニーランドに行きました。TDLでは、13個ものアトラクションを楽しむことができました。どのようにして多くのアトラクションを制覇することができたのか、わが家の行動をご紹介いたします。

ReadMore

肩こりの女の人

2019/10/17

パソコンでの肩こりを解消する超シンプルな対策

長時間のパソコン操作が原因で、長年ひどい肩こりに悩まされていました。頭痛や吐き気がすることもありました。でも、すごく簡単でシンプルな対策だけで頑固な肩こりは解消。もしかしたら、あなたの肩こりの原因は「腕の重み」かもしれませんよ。

ReadMore

アップ

2019/10/12

資格試験で正解率をアップする5つのコツ、受験本番すぐできるテクニック

資格試験や受験で正解率を上げるためのちょっとしたテクニックを紹介します。私が実際に心がけて実践しているちょっとしたコツになります。全て試験本番に簡単にできるもののばかりで労力ゼロの方法。合格に近づくための参考にしてください。

ReadMore

2019/10/15

【超重要】家の水を元栓から止める方法は必ず知っておこう!

自宅で水回りのトラブルが発生したときのために、元栓からの水の止め方は必ず知っておきましょう。戸建の場合は特別な道具が必要な場合もあります。水が止まらければ、家中が水浸しとなることもありますよ。

ReadMore

人気記事

人気記事

火気厳禁1
危険物乙4の合格率を疑え!本当の難易度は?受験してみた感想です。

2019/10/15    ,

危険物取扱者乙種4類は人気の資格です。受験を考えているけど、合格率が30%前後と難易度高めなので不安に感じるかもしれません。でも合格率の低さには秘密があるんです。まじめに勉強すれば確実に合格する資格だということを説明します。

読書するひと2
大阪の図書館は府立も市立も自習ができる!勉強が捗る、知識が深まる

2019/10/16    , ,

図書館で勉強すると静かで勉強がとてもはかどります。大阪には自習可能な図書館が多くあります。自習の情報をメインに大阪の図書館の充実ぶりをご紹介します。定期試験・受験・資格などで勉強中の方はぜひ参考にしてください。

高速道路3
車で大阪から東京まで~前日夜発で行くべき理由と準備と心がまえ

大阪から東京まで自動車で家族旅行をしました。新幹線より交通費が安いので、出費をおさえるためです。深夜に高速道路を長距離・長時間移動しましたが、メリットやデメリット、注意点をまとめています。長距離ドライブを予定されている方は参考にどうぞ。

-暮らしのヒント
-

Copyright© オクラビット , 2019 All Rights Reserved.